Staff

ホームスタッフ紹介

弊所のスタッフをご紹介します

スタッフ紹介

[代表] 池富 嗣勇(いけとみ つぐお)

資格 社員土地家屋調査士(神奈川第3028号)
ADR認定土地家屋調査士(民間紛争解決手続代理関係業務認定第1102006号)
出身地 長崎県長崎市
趣味・特技 趣味:旅行、釣り、読書
特技:ヒューマンビートボックス、コインマジック

測量・登記は不動産に関わる売買・相続・建築・融資等で、非常に重要な役割を果たしています。

  • 土地境界線については、ご近隣様との境界線確認を実施する必要があります。
    関係人に分かりやすくご説明を行い、安心して確認いただく必要があります。
    皆様の生活空間に関わることですので、第三者の立場で慎重・丁寧な業務を心掛けております。
  • 建物の登記については、必要書類が何もない、建築の経緯は親の代でやったものなので分からないが登記をする必要性があるなど、お困りの案件についても迅速に対応いたします。

土地境界確定や建物登記は、既存資料や地域性によってさまざまですので、土地家屋調査士として経験、知識が非常に重要になります。

弊社は神奈川県、東京都で数多くの実績を積んでおり、関東地方全域のご相談に、迅速かつ丁寧に対応できます。

土地の境界線、建物の登記について、お気軽にご相談ください。

沿革

2009年 長崎県立大学経済学部経済学科卒業
2011年 神奈川及び東京の土地家屋調査士事務所で実務経験
2016年
  • 土地家屋調査士登録(神奈川 第3028号)
  • 民間紛争解決手続代理関係業務認定
    ADR認定土地家屋調査士登録(認定番号 第1102006号)
2017年6月 土地家屋調査士法人サンシアス設立
2019年
  • 神奈川県横浜中支部役員就任
  • 境界問題相談センターかながわ(裁判外紛争解決手続、法務大臣認証調停機関)
    運営委員就任
2020年 神奈川青年土地家屋調査士会副代表就任
2021年
  • 社名を「土地家屋調査士法人トチプラス」へ変更
  • ドローン公認指導員(CRPI)ライセンス取得

主要講演

  • 「特殊案件の実務解決事例・実務において失敗事例発表や注意点」
    (2018年、青年土地家屋調査士会主催、神奈川土地家屋調査士会館)
  • 「所有者発見の様々な手法について」
    (2019年、青年土地家屋調査士会主催、神奈川土地家屋調査士会館)
  • 「実務等について」
    (2021年、青年土地家屋調査士会主催、神奈川土地家屋調査士会館)
  • 「土地家屋調査士ADRの活用方法、手続き解説」
    (2021年、青年土地家屋調査士会主催、神奈川土地家屋調査士会館)
  • 弁護士研修会「境界問題相談センターかながわでの相談業務における注意点」
    (2022年、境界問題相談センターかながわ主催、情報文化センター6階 情文ホール)

実績

令和3年分取扱事件年計報告

  • 土地登記申請手続き
  • 測量関係業務
  • 建物登記申請手続き

合計480件(2021年)

※その他業務実績

  • 境界確定訴訟、所有権確認訴訟、境界設置請求による筆界未定地解決
  • 境界確定訴訟、所有権確認訴訟による時効取得地の代位分筆
  • 民間紛争解決による調停手続きの運営、調停員指導
    その他、難解事件、難解登記手続きを多数解決

長島 諒(ながしま りょう)

出身地 東京都
趣味 カラオケ、音楽を聴くこと、掃除、断捨離(流行りのミニマリストになろうとしています)
特技 なににでも共感し興味を持つことができます

親切で丁寧さを第一にしております。

お客様ひとりひとり疑問や悩みなど感じ方は異なるものです。
お住まいの土地や建物、塀や境界のことなどなにかわからないことがあれば、どんなことでもお気軽にご相談くださいませ。
わかりにくい内容のことでも、ご納得のいくまでわかりやすくご説明いたします。

松岡 裕季(まつおか ゆうき)

出身地 兵庫県
趣味・特技 特技:釣り、ギター、手話、DIY
座右の銘 現状維持は後退するばかりである

車椅子のオーダーメイドの仕事から、打って変わって測量の仕事をしています。見た目ではわからない、やればやるほど奥が深く繊細な仕事に全力で取り組んでいます。
土地家屋調査士一発合格を目指して勉強中。

山之内 絵美(やまのうち えみ)

出身地 長崎県佐世保市
趣味・特技 旅行(元バスガイド)、映画鑑賞
日商簿記2級、電卓機能検定4段合格

主にバックオフィス業務を担当。
几帳面さを生かして、丁寧なサポートを心掛けています。

ご要望をお気軽にお知らせください

045-326-6360045-326-6360

受付 / 月~金曜日(祝祭日を除く) 9:00 ~ 18:00

Case

当社の事例を随時更新しています。

依頼内容

説明を求めても対応いただけない場合は、まずは土地家屋調査士会に問い合わせてみましょう。

Detail

依頼内容

建物が解体されて、法務局に建物滅失登記申請する場合、どの程度解体がされたら申請できるのか?

Detail

依頼内容

境界線はお住まいの方々が一番詳しいので、測量や境界立会の際に境界線を教えてください

Detail

依頼内容

お隣さんはいい人だから、大丈夫と思って協力したらとんでもない事態に

Detail

依頼内容

借地を自社で購入することになりましたが、公簿売買契約になっています

Detail

依頼内容

口約束ではなく、しっかり登記を行いましょう

Detail

依頼内容

過去の確執により境界確認拒否されたため、確定訴訟で強制的に筆界を確定

Detail

依頼内容

隣地から境界立会の依頼が、立会する際の注意点、事例をご紹介

Detail

News & Blog

土地・建物の測量・登記についての情報や当社からのニュースを随時、更新しています。