Cases

ホーム事例 土地登記筆界未定地の解消方法(土地合筆登記)

筆界未定地解消の事例紹介

筆界未定地の解消方法(土地合筆登記)

今回の事例は、地籍調査時、境界に争いがあったり、不在等により境界の確認ができなかったことを理由に、

筆界未定地処理がなされた事例です。

解決方法はいくつかありますが、
対象の筆界未定地について「同じ所有者である場合」の解消方法についてご紹介します。

下記のような筆界未定地があります。

110-1+111と記載があり、
これは110-1と111の土地の境が不明であることを意味します。

今回110-1+111を売却する場合、このままで売却することは可能ですが、
買主からしたらきれいな地番で購入したいものです。
買主が業者であれば、土地を分割して販売しますので、筆界未定地は解消しておかないと購入いただけないということになりかねません。

そこで、対象土地について
・土地所有者は同一である
・抵当権がある場合、抵当権が同一である
・登記簿上の地目が同一である

上記条件を満たした場合は「土地合筆登記」を行うことにより筆界未定地の解消ができます。

下記は合筆後の公図になります。

地番は110-1のみとなり、筆界未定を解消しています。

その後、110-1の地積更正登記により地積測量図が法務局に備わりつき、

境界確定した土地の完成です。

解消方法の1つですが、
筆界未定地解消については簡単にはいかないケースが多いです。

ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

土地家屋調査士法人トチプラス
土地家屋調査士 池富嗣勇

ご要望をお気軽にお知らせください

045-326-6360045-326-6360

受付 / 月~金曜日(祝祭日を除く) 9:00 ~ 18:00

Case

当社の事例を随時更新しています。

依頼内容

相続したはいいものの、利用も売却もできず、できれば国に引き取っていただきたい。

Detail

依頼内容

筆界未定地解消の事例紹介

Detail

依頼内容

境界標の復旧は専門家である「土地家屋調査士」に対応を依頼しましょう。

Detail

依頼内容

隣の家との境界のくいを引き抜く 「私有地に…」通報 52歳会社員の女を容疑で逮捕

Detail

依頼内容

説明を求めても対応いただけない場合は、まずは土地家屋調査士会に問い合わせてみましょう。

Detail

依頼内容

建物が解体されて、法務局に建物滅失登記申請する場合、どの程度解体がされたら申請できるのか?

Detail

依頼内容

境界線はお住まいの方々が一番詳しいので、測量や境界立会の際に境界線を教えてください

Detail

依頼内容

お隣さんはいい人だから、大丈夫と思って協力したらとんでもない事態に

Detail

依頼内容

借地を自社で購入することになりましたが、公簿売買契約になっています

Detail

依頼内容

口約束ではなく、しっかり登記を行いましょう

Detail

依頼内容

過去の確執により境界確認拒否されたため、確定訴訟で強制的に筆界を確定

Detail

依頼内容

隣地から境界立会の依頼が、立会する際の注意点、事例をご紹介

Detail

News & Blog

土地・建物の測量・登記についての情報や当社からのニュースを随時、更新しています。