Cases

ホーム事例 土地登記境界確認の協力が得られない筆界未定地の境界確定訴訟、地図訂正

過去の確執により境界確認拒否されたため、確定訴訟で強制的に筆界を確定

境界確認の協力が得られない筆界未定地の境界確定訴訟、地図訂正

公図を見ると地番がプラス表記になっている!?

地番「1番3」の境界確定に伴い公図を取得したところ、上記のようなプラス表記(筆界未定)となっており、
1番3の形状が不明であった。
公図で敷地の形状が記載されていないと下記のような不都合が生じます。

  • 土地が売れない
  • 融資が受けれない

今回プラス表記になった経緯は、現地占有状況が不明確であり、筆界が確認できないためと思われる。
一般的には筆界が分からない場合は、関係人で境界線を確認し、地図訂正、地積更正登記を実施することで解消ができるが(集団和解方式)
隣地の1番2の所有者が境界確認を拒否しているため、
原告1番3、被告1番2、1番4とし、境界確定訴訟、境界設置請求を実施、
上記地図訂正後のとおり、業務を完了した。

公図の地番表記がプラスになってしまっている地図混乱ケースは、
さまざまな事情により処理ができていない地域です。

混乱地域の発生要因によって対応も違うため、
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

土地家屋調査士法人トチプラス
池富嗣勇

ご要望をお気軽にお知らせください

045-326-6360045-326-6360

受付 / 月~金曜日(祝祭日を除く) 9:00 ~ 18:00

Case

当社の事例を随時更新しています。

依頼内容

説明を求めても対応いただけない場合は、まずは土地家屋調査士会に問い合わせてみましょう。

Detail

依頼内容

建物が解体されて、法務局に建物滅失登記申請する場合、どの程度解体がされたら申請できるのか?

Detail

依頼内容

境界線はお住まいの方々が一番詳しいので、測量や境界立会の際に境界線を教えてください

Detail

依頼内容

お隣さんはいい人だから、大丈夫と思って協力したらとんでもない事態に

Detail

依頼内容

借地を自社で購入することになりましたが、公簿売買契約になっています

Detail

依頼内容

口約束ではなく、しっかり登記を行いましょう

Detail

依頼内容

過去の確執により境界確認拒否されたため、確定訴訟で強制的に筆界を確定

Detail

依頼内容

隣地から境界立会の依頼が、立会する際の注意点、事例をご紹介

Detail

News & Blog

土地・建物の測量・登記についての情報や当社からのニュースを随時、更新しています。