News & Blog

ホームニュース&ブログ境界問題相談センター弁護士研修会で講演してまいりました。

2022.03.02 ブログ

境界問題相談センター弁護士研修会で講演してまいりました。

令和4年3月1日(火)に横浜市情報文化センター 情文ホールにて弁護士の方々を対象に、
研修会を実施いたしました。

神奈川土地家屋調査士会のADR機関である「境界問題相談センターかながわ」主催で、
調停に伴う弁護士相談員、調停員を対象とした研修会になります。

私は、境界問題相談センターかながわの運営員をやらせていただいておりますので、
第二部の「境界問題相談センターかながわでの相談業務における注意点」というタイトルで
お話をさせていただきました。

 

(神奈川土地家屋調査士会、大竹会長の開会の辞)

(境界問題相談センターかながわリーフレット)

境界問題相談センターかながわでは、
境界線が不明であることに起因して、紛争が生じた場合、
事前に相談をお受けするという体制をとっております。

相談の際は、弁護士1名、土地家屋調査士1名が約2時間前後、
しっかりお時間をとったうえでご相談に乗ります。

近年では、相続の増加や建て替えの需要等で、一般の方々が土地境界線を意識する機会が増えております。
土地の境界線というものは、分かりそうで分からない、
しかしながら、お住まいの方々の生活空間に関わるものですので、
一度意識しだすと紛争等にも発展しやすいものです。

境界問題相談センターかながわでは、そのような分かりにくい境界線について、
専門家を通して、分かりやすくご説明し、かつ関係人との円満解決を目標に取り組んでおります。

 

(境界問題相談センターかながわリーフレット)

弊社にて、境界線等のご相談もお受けしておりますので、
お気軽にお問い合わせください。

土地家屋調査士法人トチプラス
池富嗣勇

 

ご要望をお気軽にお知らせください

045-326-6360045-326-6360

受付 / 月~金曜日(祝祭日を除く) 9:00 ~ 18:00

Case

当社の事例を随時更新しています。

依頼内容

説明を求めても対応いただけない場合は、まずは土地家屋調査士会に問い合わせてみましょう。

Detail

依頼内容

建物が解体されて、法務局に建物滅失登記申請する場合、どの程度解体がされたら申請できるのか?

Detail

依頼内容

境界線はお住まいの方々が一番詳しいので、測量や境界立会の際に境界線を教えてください

Detail

依頼内容

お隣さんはいい人だから、大丈夫と思って協力したらとんでもない事態に

Detail

依頼内容

借地を自社で購入することになりましたが、公簿売買契約になっています

Detail

依頼内容

口約束ではなく、しっかり登記を行いましょう

Detail

依頼内容

過去の確執により境界確認拒否されたため、確定訴訟で強制的に筆界を確定

Detail

依頼内容

隣地から境界立会の依頼が、立会する際の注意点、事例をご紹介

Detail

News & Blog

土地・建物の測量・登記についての情報や当社からのニュースを随時、更新しています。